出会い系体験談

出会い系でヤリたいなら俺にききなよ!





 

アナルの香り好きな人妻の肛門責め舐め舐めがデタラメだった体験談

読了までの目安時間:約 8分

 

お早うございます、藤原です。

朝方っぱらから、アナルの悪臭好きな人妻に、肛門舐め舐め、アナル責め受けた経験談を書こうという事です。ブルーな気分になりがちな月曜の朝だから、ちょっとだけ刺激の強い体験談を書き込みしようかと(笑)。

 

始めは当たり前に

「ちょっとM男です」の僕のアダルト掲示板の書き込みを読んで、アナルの匂い好きな人妻さんからメールもらったんですよ。歳は38程でしたね。

 

「はじめまして、みえと申します。38歳の人妻です。いきなりだと思われますが、私、男性のアナルの臭気好みのんです。もしよければ、嗅がせてもらえませか?」

って。

 

え!?ってドッキリしましたね、だとしてもプロフのフォト見れば、口もとはデコってあったんですけど、明らかに知的な印象を持つ素敵なんです。

 

至極当然僕は

 

「メール本当にありがとう!言うまでもなくですよ、僕ので満足できたらアナルの匂いとことんまで嗅いでください。」

 

って回答しちゃいたわけですがww。

 

で、知識人女のケースでは、LINEに切り替わったり、アポとるまでにひと月位掛かったりするのです。でもこのアナルの匂い好きな人妻さん、自分からメールくださったくらいですから、3通目のメールで

 

「こっちのの方がいいでしょ?」

 

って自らLINEのID知らせてくれたのですね。まあ自らアナルの匂い嗅がせてくれ!って獲物を探してるぐらいだから普通じゃないか、、

 

 

で、初回待ち合わせも、アナルの匂い好きの人妻さんの指示してきた、道玄坂入口のイタリアンバールに土曜の19時半でしたね。

 

このイタリアンバール、実は僕も前から知ってるお店だったんですよ、ホテルまですぐなんで、出会い系の待ち合わせには使い勝手がいいからww。

 

アナルの匂い好きな人妻さん、このお店指定してくるなんて、さすが話が早いなあ、なんて思いましたけど、やっぱり当日の待ち合わせは緊張しましたね。

 

その店の1階で僕は集合時間よりも10分位早く辿り着いて用意してました。

いや、しかしなんていうか、自分のアナルの匂い舐められるの待機っていうものは、妙な気分です、。

 

変に興奮もしますけどww。

 

最初にワイン一杯しつつ、アナルの匂い好きの人妻さんを待機してました、

で、見えたのは、、。

 

「どうも、藤原さん?」

 

って急に呼びかけられたんですよ。時間が早かったから、1階で呑んでるの僕一人だったので。

 

「あ、どうも。」

 

って、振り返ってみたら、LINEでもらってた写メのイメージできるようにの知的キレイ!顔もちょっとNHKアナの井上あさひ似でした。

 

相手もドキドキ気味だったんで、いろいろな話しながら、ワイン2杯位飲んだかな。

 

「でも、えみさんってすごく知的エレガントって感じですけれど、よく出会い系で楽しんでるの?」
「うん、私ね、本当は、クリニックに在籍してるの。で、一半の男との交流が一切無いから。」
「え?看護婦さん?」

「うんうん。」
「ええ!?」

 

って感じで、これには、かなり呆然となりました!こんな素敵な女医さんが!?しかもアナルの匂い好きって、、ww。

 

「それに、私の性癖違っているから。夫にも秘密なの。」
「そっか、、どおりでね、、。」

 

普通、恋人とか夫に、

アナルの匂い嗅がせて

っていえないですからね、、。

 

「藤原さん、ごめんなさい、私それほど時間ないので、もういい?」

 

って、アナルの匂い好きの人妻さんの方からせかされたんで、僕らはそこから徒歩ですぐの道玄坂のラブホにピックアップして入りました。

 

「僕、シャワー浴びてきますよ。」

 

って、浴室に出かけようとしたんですが

 

「いいの、このままで。」

 

って、いきなり僕の首筋にアナルの匂い好きの人妻さん、突然舐め舐めしてきたのです。

 

「ああ、藤原さん、いい匂い、、。」

 

僕、早朝にはシャワー浴びましたけど、ここへやって来るまでに汗かいてたし、良いのだろうか、、って。でもすでにアナルの匂い好きの人妻さんが、僕のズボンとパンツも剥がして、やさしく僕のちんぽをさすりだしたんで、もう抵抗することが可能なすきもありませんでした。

 

で、あるがままベッドに仰向けに四つん這いに強要されると、アナルの匂い好きの人妻さん、僕のお尻をぎゅぅっと右手と左手で左右にオープンするんですよ。もう僕、いたたまれなさで、ちんぽがフル勃起してたんですけど、そんなことおかまいなく、アナルの匂い好きの人妻さん、その端正な顔立ちを僕のアナルに突っこんで、クンクン嗅ぎ回しだして、、

 

やばいよ、う〇ちの匂い、しませんように!!

 

って今の今になって、どうすることもできない事を心配りしつつ、、。

 

「藤原さん、アナルの悪臭大当たり、、」

 

どんな匂いが最高なのでしょう?って問いが脳裏をかすめましたけど、そんなこと表現にするゆとりは全く有りませんでした。アナルの匂い好きの人妻さんが、もう舌を固くして、僕のアナルに

ジュブッ
ジュブッ

って音立てながら舌突き進めてきてたんで、、。

 

「ああ、もうダメかも、、、」

 

って、僕が悶絶しているのに、まだまだ僕のアナルと竿の匂い、クンクン嗅ぎながら絶え間なく舐めまくってきちゃうんですよ。

 

「もう、ダメ、お願い、入れさせて!」

 

っていくらなんでも僕、にアナルの匂い好きの人妻さんをちょっと強引にベッドに仰向けにさせると、股を広々と脚でオープンして、正上位でズブズブちんぽ突っ込みましたね。そのとき生の状態でハメたんですけど、これといって嫌がる雰囲気もなかったんで、あるがままじっくりとにアナルの匂い好きの人妻さんのおまこ突き上昇させ、白いお腹に外出ししちゃいました。

 

シャワーを浴びて、服を着て、ホテルの広場を出ようとしたら

 

「またお会いしてくれる?藤原さんのアナルの匂い素晴らしかったから。」

 

って、称されたんですよね。

 

「完璧なアナルの香りってどういうの?」

 

って、本当のところは問い掛けてみたかったんですけど、、なんか恐ろしくて聞けなかったですw

 

 

>>今すぐ無料登録!!欲求不満の人妻探すならPCMAX!<<
 

 

この記事に関連する記事一覧

今よりも2cm増大で人妻の子宮を突きまくれ!





 

ペニス増幅で女をイカせる!
管理人プロフィール
WS00
はじめまして、管理人の藤原です。

35歳の普通のサラリーマンですが、出会い系サイトを使って素人女子大生、OL、人妻と今でも現役でヤリまくっています。

携帯片手に出会い系をやり始めて10年経ちます。私が今まで出会い系サイトで経験した成功例や失敗例を赤裸々にご紹介するリアル体験記ブログです。




人気の投稿とページ
カテゴリー
出会いSNS PCMAX(PCマックス)